読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

「もっとも寂れているイメージの都市は?「新潟」が圧勝も2位が意外に…」県民的には新潟が都市ってだけでも嬉しい。

新潟のこと

f:id:tofulist:20170319141511j:image

こんにちは、新潟県民のとーふです。
お越しいただいてありがとうございます!
 
 
 

新潟県のことがネット記事に

今回の記事はニュースをみていると、とある記事で地元である新潟のことに触れていたので、新潟について掘り下げてみようと思います。
 
まず、
もっとも寂れているイメージの都市は?「新潟」が圧勝も2位が意外に…
 
「人口減少社会」という言葉も一般的になった、今の日本。2005年に行われた国勢調査で、戦後初めて人口の減少が発表されたが、総務省統計局は、「実際には2008年が『人口減少元年』と言えそうだ」と公表している。
 
地方の衰退や首都圏への一極集中のみならず、2015年には東京23区の中で唯一「豊島区」が「消滅可能性都市」に指定されたことも話題となった。
 
では、おもな都市の中で「現在すでに寂れている」という印象を持たれているのはどこなのだろうか? しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,378名を対象に調査を実施した。
■「新潟」が圧勝! 意外にも東京も...
 
4割を超える人たちが「最も寂れている」と答えたのは、日本海側の政令指定都市・新潟。Jリーグアルビレックス新潟が頑張っているイメージもあるが、都市として新しい情報発信が目立たないのも事実だ。
 
また、2位にランクインしたのは意外にも東京。港区や渋谷区など都心部は発展を続けているものの、高度経済成長時代に開発された市部のニュータウンなどが急激に寂れ始めていることを知ってのことかもしれない。
 
(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)
 
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,378名(有効回答数)

 

 
この記事は2位が東京であることを読者に驚きとして伝えています。
しかし新潟市在住の身としては納得の結果と伝えたい県内内部事情を今回はお届けしてみようと思います。
 
 
 

県民としての認識

まず、新潟県民的には「都市」って紹介されているだけでもビックリな感じです。比べる対象としても申し訳ないですね。
本当に政令指定都市に意識が薄く、新潟市も合併に合併を重ねた結果と言えるでしょう。県民的にも政令指定都市に無理矢理感が否めないでいます。
 
 
 

県内での認識

まず新潟県民は、市というくくりで県民を判別しません。
新潟県民と言ったら「どこらへん?」と聞かれます。
ここで言うどことは、上越中越下越でざっくり分けます。
それぞれ3つの場所での栄えているところが中心地という感覚があります。
「もう隣の○越は他県」くらいです。
 
 
特に上越下越はお互いに何があるのかとか全然知りません。
 
 
市の名前を知っていても、位置関係を把握していないのが新潟県民です!!
 
 
天気予報で出てくる名前くらいしか位置を覚えていません。でかすぎるんです。
その違和感に気づいたのは他県の人が凄く自分の県の位置関係を把握していたことがきっかけでした。
 
 
 

そもそも

県内のわりには 、あんまり興味が薄いんですよね(笑)
郷土愛がないわけではありません。
 
特に城下町や、特産品などで有名な所は県内でも自分の住んでいる場所が新潟の中心地くらいの勢いで誇りを持っているので、県民性は県内でもかなり異なります。
中心地とされている新潟市民は論議したとしても新潟市在住としても「新潟市? 何があるの? ○○もないのに。何もないよね(笑)」くらいに新潟市民は肩身が狭いので、笑顔で相手の特産品や有名なものを褒めるというアルカイックスマイル炸裂してしまうことでしょう。
 
 
 

県民全員が右にならえではない

日本海側の政令指定都市・新潟。Jリーグアルビレックス新潟が頑張っているイメージは確かにサポーターの支持が厚いといえますが、他県の人で有名なのはお米と燕三条の技術とかですかね。←燕三条は正確には、燕と三条で分かれています。一緒くたにすると不機嫌になる人も多いです。
 
お米は色んなところで作っていて、ブランドも多く存在します。決して最高級と言われる魚沼産コシヒカリだけではありません。←最近では高級コシヒカリ新之助が発表されました。(2kgと5kgの販売しかしていません。私もまだ食べたことがありません。)
 
 
まぁ本当に他県の人が抱いている新潟イメージを書いてみましたが、新潟県以外にも言えることでしょうけど本当に沢山の特産品や有名スポットなどがあります。
意外な魅力などを発信できたら、このブログもちゃんと感が出るような気がします。
 
 
 

 出身地のことを書いてみて

新潟の魅力じゃないですが、新潟について記事にするのもいいなと今回書いてみて思いました。
これからは、たまに新潟記事を放り込みたいと思います。
 
 
こうやって自分の常識や考え方や環境が他の人には違うように感じるのって面白いです。
ブログは楽しんで書いていきたいですね。
 

 
 
 
 
ここまで読んでくださってありがとうございました!!