読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とーふlist

うつ病と診断され大学を休学中。←現在、前に進む準備中。人生を身軽に生きてみたい!とーふlist 。Twitterもやってます。とーふlist@tofulist

あと2ヶ月ほどで「とーふlist」も1年のはずだが、はてなブログに来てからまだ1週間も経ってない。震える指先でブログ一気書き!

ブログ

f:id:tofulist:20170217213401j:plain

こんにちは、とーふです。        

お越しいただいてありがとうございます!

 

 

今回は、事前にメモとか書いてまとめてから実行に移すという作業を省いて頭の中の想いを言葉にしてみようと思います!

普段はよっぽどのことがない限り、こんな行き当たりばったりなことはしないのですがたまにはいいかなと量より質とか言っていたどの口が言うのだというヤジは受け付けません。そもそもこのブログ見てくれている人そんないないくせに強がってみる。

 

何書こうかなーと現在進行形でタイピングしながら考えています。

ちなみにベッドの上で書いていますが、部屋が和室で極寒なので指先がかじかんでさっきから打ち間違いが半端ないです(震笑)誰だよ春一番きたとか言って、気温上がって喜んでたのっ。←オマエだよ

暖かい部屋だとだらけてしまってなかなか作業が進まないって・・・

私は少し寒いくらいの方が頭も冴えて、眠気もとぶので作業効率が良くなります。

あとは、指先だけでるか指先だけない手袋をしていれば自分的にカンペキナノニナ(震え)

 

作業する姿勢って大切ですよね。特にPC何かだと私みたいにタイピングが速くもないと1記事あげるだけでも時間かかりますから、だいぶ目と首・腰・尻的にツライものがあります。

 

 

私の面倒なところは、だからといって机にむかうと「やるぞ感」がプレッシャーになるというか。

きちんと感を誰も見ていないのに出さなくてはいけないような。

勉強とか、論文とか仕事をしているわけでもないのに家族から生温かい目を向けられるというか。

 

 

とにかく机という良いポジションでやるには家族がいないときがチャンスなんです!

私は真面目にPCで作業はしているのだけれど、周りが思っているのとは違うくて、ダラダラというかまったりというか、リラックスして作業をしたいんです!!(言ってることは微妙だけど本気)

 

そんな感じで今も布団で下半身はあったか、PCの位置はクッションでカバーしている状態はたとえ指先が震えようとも誰の気兼ねなくブログを書けて幸せです。

 

ほかの方のブログを拝見していて、スマホからさらっと投稿したり、Twitterの内容と連動したりするのをみていると

羨ましー→自分もやってみたい→やってみたはいいが数分後に投稿した記事を消去してしまった←先は長い・・・。

 

 

 

応用が効かないというか、知識とか経験値がかなり不足しているのが自分でも丸分かりなので、今後のとーふlistの雰囲気が変わっていたら何かもがいてんだなと優しい目で見守ってください。

 

あと2ヶ月ほどで「とーふlist」も1年のはずだが、はてなブログに来てからまだ1週間も経ってない。震える指先でブログ一気書き!

書いていて亀の歩みのような成長ぶりですが、多分これからブログやる人とかにも簡単に抜かされるレベルですが、お話の「ウサギとカメ」のようになれるように日々模索して、丁寧な文章をみなさんに届けていきたいと思います!

 

 

※風邪をひかないようにあったかい状態でブログを書きましょう。

 

たまにはこうして、思いつくままにブログを書いてみるのも良いかもしれません。

意外と書けたことに「文章を書く事に慣れたのかな。」と淡い期待をしてしまいます。

 

 

たまにこうやってガス抜きをするように型に嵌った文章じゃなくても、頭の中で構成して一気に書き上げるのも楽しかったです。

でも、やっぱり私にはあーだこーだ悩みながら文章を練り上げる方が性にあっているような気もします。

→何事も一長一短だということを私は言いたかった!

 

今回はこの辺で、またそのうち一気書きは試すような気がします。

 

 

 

それでは・・・・・・

 

じゃあ恒例のいきますか!   ※このブログ内だけです。流行らせようとしています。

 

はい吸ってぇーーーー(スゥーーー)

吐いてぇーーーーーーーーー(ハァーーーーーーーーーーー)

 

ちなみに吐く息を長くしたほうが、自律神経の副交感神経を刺激して体がリラックス方向に傾きます。

深い呼吸しましょう。そしてリラックスして、脳に酸素を届けましょう!

 

知らないうちに、無意識に、笑っているあなたになりますように

 

 

 

今回もここまで読んでくださってありがとうございました!